本文へスキップ

食育インストラクターを目指すサイト

食育とは/食育インストラクター

食育インストラクター 講座

食育とは

食育とは

食育基本法で「食育」とは、@ 生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきもの。A 様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することのできる人間を育てること、と説明しています。

「食育」という言葉は、石塚 左玄が明治29年(1896年)と明治31年(1898年)の著作「化学的食養長寿論」「通俗食物養生法」で「体育知育才育は即ち食育なり」と始めて用いた造語が語源のようです。
 
食の大切さを見直し、食を通して人の心と体、人間関係、地球環境を健全に豊かに育むものは「食育」と改めて定義し、昨今の偏食、肥満、味覚障害、はては食材選びまで様々な食の安全を理解するために、正しい「食の知識」を身につける「食育」の3つの柱を提唱しております。

■食育の3つの柱

@選食能力や安全管理力を養う
 ● どんなものを食べたら安心か、安全か、危険か、健康になれるか?

A 衣食住の伝承(しつけとマナー)
 ● しつけやマナー、食卓・食事の意義、家族の団欒
 
B 地球の食を考える
 ● 食料問題、自給率・地産地消・特産物や生産者の保護、環境問題、人口問題


「食育基本法」をより計画的に推進するために、「食育推進基本計画」を平成 18年から 22年度までの 5年間を対象
に作成されましたが、食育に関する施策を総合的かつ計画的推進するため、平成 23年度から 27年度までの 5年間を
期間とする第2次食育推進計画が策定されました


■新しい計画のポイント

@ 生涯にわたるライフステージに応じた間断ない食育の推進
 ● 一人一人の国民が自ら食育に関する取組が実践できるように、世代区分等に応じた具体的な取組を情報提供

A 生活習慣病の予防及び改善につながる食育の推進
 ● 内蔵脂肪症候群(メタボリックシンドローム)
 ● 糖尿病

B 家庭における共食を通じた子供への食育の推進
 ● 特に家族との「共食」が重要で学校、保育所等、地域社会が連携して推進


食育インストラクターを目指せる講座

写真・イラスト満載で見やすい構成、わかりやすさを最優先したテキストで、ドラマ仕立てで楽しく学べ、ご家庭ですぐに活かせる調理例も豊富なDVD(ビデオ)など、服部幸應先生監修による充実の教材セットで、正しい食育の知識はもちろん、食育インストラクターとして活動するための技能まで習得できます。


スクール名 がくぶん総合教育センター 
標準受講期間 3〜6ヶ月未満
標準期間6ヶ月
添削有無・回数 あり  /  -
受講料 【入学金】 0円    【受講料】 39,900円    【その他】 0円
送付物 テキスト5冊、サブテキスト3冊、DVD(ビデオ)3巻、学習の手引き、他