本文へスキップ

食育インストラクターを目指すサイト

介護食士/食育インストラクター

食育インストラクター 講座

介護食士

資格内容

高齢社会の食生活を提案

要介護者の料理人 

3人に1人が高齢者となり、寝たきりや虚弱な人はもとより、ホテル、レストランを訪れる人のために、摂食や嚥下機能の低下した人が食べやすいようにあらかじめ刻んだり、すりつぶしたりする展開食=介護食が求められている。
 
介護食士とは、高齢者や障害者の心理、医学、栄養学などの専門知識を学び、要介護者向けの食事を提供できる人に与えられる資格だ。

試験内容

72時間の講座に参加

全国調理職業訓練協会に加盟する各地の調理職業訓練校、調理師養成施設で行われる講習会を受講し、修了認定試験(筆記と実技)に合格すると資格が得られる。1級〜3級がある。

詳細情報

受験資格: 3級は特に制限なし
講習科目: 高齢者・障害者の心理、医学的基礎知識、栄養学、食品学、食品衛生学、調理理論・調理実習
講習期間: 3級=72時間(出席率80%以上が必須)
受講料: 7〜9万円(養成施設により異なる)

■問い合わせ先
(社)全国調理職業訓練協会
住所:〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-3-2東京ビル6階62号室
TEL:03-5833-3530