本文へスキップ

食育インストラクターを目指すサイト

家庭料理技能検定(料検)/食育インストラクター

食育インストラクター 講座

家庭料理技能検定(料検)

資格内容

家庭料理の知識と技能を評価する

「切る」と「むく」が基本 

家庭料理に関する知識と技能を審査し、家庭料理の質の向上をはかることを目的とする検定。
 
食べることは、健康を左右する重要なもの。料理は手仕事が大部分を占めるので楽しさもあり、老若男女問わずに受検できる。1級・2級取得者の中には料理教室の講師として活躍している人もいる。

試験内容

参考書や講習会で勉強する

検定対策には料検合格対策講座(1級・2級コースと3級・4級コース)や、通信教育を利用するとよい。参考書も販売されている。

詳細情報

受験資格: 特に制限なし
試験内容: 筆記試験と実技試験がある。審査基準は、4級=基本的な調理法の特徴を理解し、初歩的な「切る」「むく」ができる。「正しく調味」し、基本的な1食の献立・調理ができる。
3級=食品の調理上の性質を理解し、基礎的な食品の「下ごしらえ」、さらに「切る」「むく」ができる。日常の家庭料理の献立・調理ができる。
2級=食品成分の変化を理解し、高度な「切る」「むく」「魚や肉をおろす」ことができる。目的に応じた家庭料理の献立・調理ができる。
1級=食品の調理上の性質が調理に応用でき、和・洋・中国料理に応じた高度な「切る」「むく」「おろす」ことができる。課題に応じた献立・調理が創作できる。
申込期間: 7月
試験日: 年1回(9月〜10月)
試験地: 3級・4級=全国80会場、2級=東京・大阪、1級=東京
受験料: 4級=9,000円、3級=12,000円、2級=15,000円、1級=17,000円
受験者: 2,947人(平成22年度総数)
合格率: 4級=78.2%、3級=64.5%、2級=33.6%、1級=11.1%(平成22年度)

■問い合わせ先
(学)香川栄養学園 家庭料理技能検定事務局
住所:〒170-8481 東京都豊島区駒込3-24-3
TEL:03-3917-8230